ファイターズを読もう!

 不人気・不人気といわれて久しいファイターズですけど(^^;)、ところがどっこい!こんなにも沢山の本が出ています。
 ここで紹介するのは、私が持っている本や紹介していただいた本ということで、まだまだほんの一部です。(^o^)h
 ぜひ皆さんからの、情報や書評をメールでお寄せ下さいね。(^^)/

がんばれ!! Fighters タイトル ぴあプロ野球応援MOOK2
『がんばれ!! Fighters』
発行 ぴあ株式会社
発行日 1994年5月14日
当時の価格 1500円
書評  大沢親分第2期政権の2年目に発行された。
前年にファイターズが首位争いをしたことにより、94年の躍進が期待されている。
でも・・・まさか、最下位になるなんて・・・・(/_;)しくしく
 内容は球団発行のガイドブックに匹敵する詳しさで、選手の紹介なども実に詳細に載っている。でも・・・データ間違いが多いのがちょっと・・・・(^^;)
 古本屋などでもなかなか見つからないが、もしも見つけたら絶対にGET!
PRESS GUIDE タイトル Fighters Press Guide
発行 日本ハム球団株式会社
発行日 毎年発行
当時の価格 非売品
書評 マスコミ各社に向け、球団が発行しているガイドブック。
さすがにプロ向けということもあり、データなどが詳しく掲載されている。
非売品のため、最新刊を手に入れるのは難しいが、古本屋などでたまに見つかるので、GETしておこう。
私(せしるきんばー)は、神保町の古本屋などで、1980,81,84,86〜97を手に入れています。(^o^)v
GUIDE BOOK タイトル Fighters GUIDE BOOK
発行 日本ハム球団株式会社
発行日 毎年発行
当時の価格 1200円(2000年度)
書評  毎年発行されるファン向けのガイドブック、以前はファンクラブに入会すればもらえたが、現在は通販や東京ドームのファンクラブコーナー等での購入となる。
 古本屋などで、昔のガイドブックが売られていることもあるので、当時入手できなかった人は探してみよう。
東京ドームにおいでヨ タイトル 東京ドームにおいで
発行 海越出版社
発行日 1990年5月2日
著者 西崎 幸広
当時の価格 1030円
書評  当時、本職のアイドル以上の人気を誇った西崎 幸広の本。内容はアイドル本と言っていいくらいで、女子中高生に向けた文体になっている。
 生い立ちから、西崎の現在(当時)のことまで色々載っているので、西崎ファンは必見!
 しかし、かなりゴーストライターっぽい気がする。違ったらゴメンね(^^;;;
西崎 幸広 タイトル ベースボールアルバムNo.52
『西崎 幸広』
うなる!快速球 翔べ、若きエース!!
発行 株式会社ベースボールマガジン社
発行日 1988年11月1日
当時の価格 550円
書評  ベースボールマガジンのお馴染みのシリーズ。
 当時入団2年目の西崎 幸広について、かなり詳しく書かれている。
 阿波野との新人王争いや、ピッチングフォームの分析など、西崎ファン以外にも十分楽しめる内容。 田村や、小川 浩一、白井 一幸、それに高田監督など、懐かしい写真も沢山あり、こちらでも楽しめる。
Now Printing タイトル ベースボールアルバムNo.97
『西崎 幸広 PART2』
パ・リーグ人気を支えるヒーロー!!
発行 株式会社ベースボールマガジン社
発行日 1989年6月1日
当時の価格 583円(税別)
書評
(ゆーきさん)
 平成元年の開幕投手を務め、あの中島輝士のサヨナラホームランで勝利を収めた西崎投手の記事再録。
 無二の親友として、松浦投手も登場。
Now Printing タイトル ベースボールアルバムNo.22
『木田 勇』
発行 株式会社ベースボールマガジン社
発行日 1981年7月1日
当時の価格 470円
書評
(ゆーきさん)
 新人王を初め、数々の投手タイトルをも独占した木田投手関連の記事再録。 ジャンボポスター付き。
ふっざけんな! タイトル 『ふっざけんな!』
やる気しだいで人生なんとでもなる
発行 株式会社 竹書房
発行日 1999年3月10日
著者 広瀬 哲朗
当時の価格 1000円(税別)
書評  当時引退したばかりの、広瀬 哲朗の本。 あのキャラクターそのままの内容で楽しめる。
 広瀬の様々な考えや、高校・大学・社会人野球時代、高田〜近藤〜土橋〜大沢〜上田監督時代を通してのプロ野球でのエピソードなど、盛りだくさん。
多摩川晩花 タイトル 『多摩川晩花』
日本ハムファイターズ 渡辺 浩司
苦節13年の軌跡
発行 株式会社ベースボールマガジン社
発行日 1995年12月25日
著者 安田 辰昭
当時の価格 1500円
書評  現ファイターズ二軍コーチ渡辺 浩司の、生い立ちから現在(95年当時)を綴った本。
 少年野球時代から、高校野球での悔しい出場辞退や敗北,ファイターズ入団に至るいきさつ、ファームでの苦しい日々、そしてレギュラーの座をつかむまでが書かれている。
 この翌年、つかんだばかりのレギュラーの座を金子 誠に明け渡すわけだが、著者のインタビューに浩司が「先生、来年のことはわかりませんよ」と答えているのが、読んでいてなんとも複雑な心境にさせられた。
タイトル 『不敗人生』
43歳からの挑戦 落合博満
発行 株式会社 小学館
発行日 1997年2月20日
著者 鈴木 洋史
当時の価格 1262円(税別)
書評
(ゆーきさん)
 巨人を退団し、日本ハムに移籍した当時の落合選手。その「信念」と「思い」が綴られた一冊。 落合選手の打撃成績付き。
タイトル 『野球人』
発行 株式会社ベースボールマガジン社
発行日 1998年12月9日
著者 落合 博満
当時の価格 1400円
書評  1998年を最後に、20年に渡る選手生活にピリオドを打った落合 博満。
 ロッテ〜中日〜巨人〜日本ハムと、4球団を歩いた野球人生において、タイトルにこだわった時代、チームの優勝を第一に考えるようになったことなどを書いている。
 後半には、自分が指導者になった場合、こんなチームにしたいということや、これからの野球界についての考えなども書かれていて、興味深い。
落合にきけ! タイトル 落合にきけ!
発行 朝日新聞社
発行日 2000年3月25日
著者 落合 博満
当時の価格 1300円+税
書評 野球評論家となった落合 博満。
週刊朝日に連載された、1999年シーズン中のコラムや、書き下ろしとして2000年シーズンを占うコラムが収録されている

Next


Fsの歴史に戻る